妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

咲-Saki- 第116局「麻将」感想   

阿知ポは少しずつ進めてクロチャー同卓のトップ抜けと少々残るところ、

シロではないが、「メンドクサイなぁ」。w

なんか、かじゅは一気通貫が出来やすいなぁという印象。

モモは「リーチや副露を相手に認識させにくくする」どころではなく

和了牌捨てても和了れないのね。

立直一発で和了牌捨てられて和了れなくなって笑った。(ホント酷い能力だな。)


という、阿知ポの感想は置いておいて、本編の感想です。

1.明華
ちょーおっきいです。

吸い寄せられる魅力だね。(犯罪行為はいけません。)

やっぱり副将戦は和、愛宕妹、明華、ユキちゃんのおっぱい対決が本命か?

この先の決勝戦でおっぱい対決の実現の可能性がない以上は、副将戦でやっておかないと

多分、立先生は決勝の途中でおっぱい不足で倒れてしまうのではないだろうか。

んー?それにしてもこの制服どこの制服だ?

明華は違う制服着てたよなぁと思ったらダヴァンさんが上に引っかけてるのは同じっぽい?

袖がちょっと違うっぽい。

そして、下はまったく別。

ってことは、フランス時代の制服なんでしょうか。

あとは、左手に持ってるのはやっぱり傘でしょうか。

傘好きですね。

「風神」は雨雲を呼ぶ雨女の可能性はないですかーとか少し思ったり。

なんにしても可愛い。困った顔が見たい。w


2.中国麻将
パッと見「中国魔将」に見える。

きっと中国で小学生、中学生、高校生、大学生のチャンピオンを集めて

中国四魔将とか呼ばれててハオが破れた時には「フッ、奴は中国四魔将の中でも一番の小物(小学生)」

とか言われるのかとか思ったり。

今回披露された役は「一色三歩高」。

日本の麻雀での三暗刻、三色ポンと同程度の役だからこれにツモだとそんなに高くないように見えますね。

でも、ちゃんとした計算すると平和(確定)が2点、イーペーコー(未確定)が1点、

ツモ(未確定)が4点役で一色三歩高(確定)が16点役なので

中国ルールだと確かに大分違うので、こちらに取るんでしょうね。

それにしてもツモのが高い役って・・・

中国ルールでは鳴いてもよいとは言ってもイーペーコーが可哀そうだな。w


更にツモだと他家三人とも「8点+あがり点」を払うってすげールールだな。

ロン和了り出来ない形に構えるのもお構いなしってわけだ。

ツモ力高すぎです。


3.回想
ここで、ハオさんの回想です。

しかし、その回想は臨海に渡ってきてからの回想です。

場面は冬っぽいです。

去年のダヴァンさん以外の外人部隊をリリースした後、去年の内から中学生のハオ、ネリーを

卒業を待たずに招きよせていたということでしょうか。

ネリー達一年生はいいけど、明華は転校による公式試合出場規定(あるとしたら)に引っかかるかもしれないから

夏のうちに速攻で人材確保に走ったのかもしれません。

さて、中学生かもしれないハオたんです。

はぁはぁしましょう。w

そして、ハオさんの恐ろしいところはこの後もう一段階の変身(小学生時代の回想)を残しているところです。

臨海の決勝進出待ったなしと言ったところでしょうか?


4.ネリー
寒いのでネリーたんも厚着です。

暑い季節が恋しいですね。

さて、ネリーたんと言えば帽子です。

今回は帽子ありません。

そのせいかやたらの後ろの髪をまとめてるのが気になります。

太いよぉ!

帽子がいいバランスとってる模様。

そして回想の中でまたもや「お金?」・・・前回のコロンに続いて守銭奴的キャラ付けですか?

ロリ業突くのキャラを確立するかもしれません。

今後のネリーが楽しみです。(薄い本的な意味でw)


P126のネリーは何してんだろうか?


5.部室
時期を冬とすると、ダヴァンさんはレギュラー当確の立場として、

外国から買ってきた人材のネリーやハオ、明華もレギュラー当確の立場なんでしょうね。

その中に混じって練習してるガイトさんもこの時点でちゃんとレギュラーとして認められていたと

思っていいのでしょうか。

この時点で既に臨海潰しの「先鋒外人駄目よ策」は発布されていたんでしょうね。

(まぁ、入学時期の直前に出したら抗議が入るしな。)

それにしてもくつろげる雰囲気の練習場所ですね。

床に座布団なのが大きいですね。(他の高校は椅子)


6.曲げない
ハオさんは培った感覚は曲げなかったのが功を奏しているようです。

「どうやら私にはリーチはいらないようです。(曲げる必要はないようです。)」

と立直と曲げるがかかっているもよう。


7.まこ苦戦
今迄見た牌譜と違うイメージにより、記憶系能力のまこは苦戦し始めます。

中国麻将と素人っぽい人と玄人っぽい人の混じった卓とか、まぁそうそう見れるもんじゃないしね。

この辺は準備型の能力者の弱いところです。

(都大会、本大会中の牌譜は見てないんですか?という疑問は残りますが)

このままズルズルやられてしまうのでは県大会から成長していないことになります。

この準決勝の間にまこの進化を見せてくれるのではないでしょうか。

ということは次鋒戦キンクリはなし!ということだ。

わーい!まこ頑張れやー!

ハオさんも活躍期待してるでー。

ちかちゃんもなー。


ということで、今週の感想はここまで

ではー!



のよーについて期待してないかっていうと・・・これくらいは期待してる。
スポンサーサイト

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 5

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。