妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

姫松高校決勝進出の鍵は次鋒戦にあり  

姫松高校の決勝進出決定を心待ちにしている、全国八千万人の姫松ファンの皆さんこんにちは。

今日は、姫松高校の決勝進出の有力な情報を見つけたので、ここに報告します。

タイトルにある通り、その情報でのキーパーソンは真瀬由子。

二回戦ではパッとしないまま、まこのキングクリムゾンで活躍を飛ばされたただのモブに近い人に

思われてる人も少なからずいるかと思われますが、実は彼女は咲-Saki-という作品屈指の魔物なのです。

それはもう主人公クラスの魔物です。


何故、そんなことを突然言い出すのかって?

最近、阿知賀編を単行本で読み返してた時にとんでもない修正箇所に気付いてしまったのです。

ささやかな修正であるため、今まで気付いた人がいないかったのでしょう。

それは、Aブロック準決勝の大将戦を観戦する咲と衣の作中屈指の魔物二人の会話の中に出てきます。

皆さんお手持ちの単行本P165をご覧ください。

手元にない人のために一応画像を貼り付けます。

これです。

「深山幽谷の化身?」そんなことを言ってた時代もあったかな

あまりにも自然に修正されていたため、今まで気づきませんでした。

雑誌掲載時はしずののことを話してたような気がしますが、恐らく編集さんのミスだったのではないしょうか。

作品中屈指の衣たんが語る咲達の清澄高校の脅威となるのは”主将にして大エース”愛宕洋榎でもなく、

”カタカタ参謀”末原恭子でもなく、

”ボマー”上重漫ちゃんでもなく、

”転がってるものは何でも蹴り殺す驚異のおっぱい”愛宕絹恵でもありません。

”のよー”の真瀬由子です。

そう考えると本編の最新話も確かにまこがピンチに陥っています。

一見、ハオの中国麻将による惑わされてるように見えますが、あれは違います。

二回戦では見に徹していた由子が、二回戦での結果を受けて、次鋒戦でまこを、そして清澄を潰しておいた方が

いいと判断し、ハオを隠れ蓑にして能力を発揮したのです。

最新話第116局ではまこは「闇の中に居るような・・・」と考えています。

部長は「やっぱり見えてないのかしら」とコメントしています。

これと似た描写が阿知賀編の最終話、姫子のモノローグに現れます。

あちらはコンボ能力で乗り切りましたが、この能力は強力です。

能力者の格としてはそんなに高くない(あるいは能力者ではない)と思われるまこでは

この真瀬由子の能力を振り払うことは難しいと思われます。(麻雀の実力とは別次元の話な。)

このまま、ガンガン振込続けて次鋒戦で飛び終了・・・かなり可能性が高そうです。

流石の咲さんも大将戦まで持ち込めないことには手の出しようもありません。

そのため、衣たんの忠告に冷や汗をかいてますね。

来週発売の最新話ではまこのキングクリムゾン能力を使って飛び終了!

臨海、姫松決勝進出!

・・・なーんてことになってるかもしれません。

シノハユも要チェックですが、来週発売の最新話も要チェックです!

ということで、本日はここまで。
ではー!

スポンサーサイト

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。