妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【シノハユ】一索とかからツラツラと妄想  

シノハユのお話。

と言っても、始まったばかりなので、そんなに書くこともないんですが、他のブログで書かれてたことを

拾ってツラツラと妄言を垂れ流したいと思います。

『シノハユ』と一索の鳥、あと『万葉集』とか。

まずは、考察サイト「さくやこのはな」さん。

シノハユに登場するシンボル一索に描かれている鳥「鳳凰」について書かれています。

この鳳凰は麒麟と同じく雌雄の名前がくっついた名前で中二病的に幻獣・霊獣とか調べてる時に、

蓄えられる知識ですが、「鳳凰」を調べるともうちょっと面白いネタが掘り出されます。

まず、この一文。

> ベンヌ〜フマ〜鳳凰は死と再生の象徴(政治的には新王朝の到来の象徴)として日の出を告げる鳥の神格化で、神話学的に同一起源である可能性が指摘されている。

「日の出」を告げる鳥の神格化とあります。

この言葉には何か覚えがあるなぁと思われることでしょう。

そう、シノハユの小さく書かれてる英語のタイトル「the dawn of age」の「dawn」は夜明けです。

物語の始まりを生み出す美人ママをこの一索の鳥として象徴しています。

偶然でしょうか?

「死と再生の象徴」を汲み取ると「失踪と再会」に結び付けることが出来るでしょうか?

何にしろ、また美人ママに会いたいよー。何年先になろうと待ってるぜー。



また、鳳凰を調べていると良く似た想像上の鳥に「鸞(らん)」というものがあります。

> 唐の『初学記』(727)によれば、鸞とは「鳳凰」の雛のこととされる。

とあるように、美人ママさんを鳳凰として捉えるならば、慕ちゃんはその雛である「」と捉えることが出来ます。

「鸞」を調べて行くとこれにも雌雄の名前がありまして牡はそのまま「鸞」であるのに対して、

雌は「和」と呼ぶらしいです。

・シノハユ考察:石飛閑無を読み解く

ここで、「Cat in the box - キャットインザボックス」さんのこの記事に出てきてもらいます。

この記事では石飛閑無ちゃんの名前の一文字「閑」が「のどか」であることから

「原村和とは正反対なキャラクターである。石飛閑無はデジタル否定派の、超オカルト雀士!」

という予想をされています。

大胆な予想で好きですよ、こういうの。

閑無ちゃんの性格を考えると個人的には「オカルト」を認めつつ、能力無しでそれを上回るために努力する人。

みたいなのがいいかなと思いますけどね。(慕は能力者になるだろうし。)

・・・と話題がそれましたが、ここで書かれる「和では無い」を上述の慕を象徴する「和(=慕)」では無い。

と捉えるのはどうでしょうか?

第一話から閑無ちゃんは慕とぶつかります。

表紙やポスターで一緒の制服で描かれていることから、高校で同じチームで全国を目指すのでしょうが、

考え方の違いなどで、この先も閑無ちゃんと慕は色々とぶつかり合うでしょう。

こういう同じ高校の仲間の中でホンネをぶつけ合うのは青春物としては当然必要な話です。

今迄の咲-Saki-では薄かったかなと思う部分でもありますし、作品展開の幅を広げる意味でいいんじゃないかな?

とか思ったりします。

ツンデレ閑無ちゃんが初心(ツン魂)を忘れず、ツンを通してくれると・・・私的には美味しいです。



さて、話を「鳳凰」に戻します。

「鳳凰」は四神の「朱雀」と同一視され、五行思想における火の属性を持つとされたりします。

そして「五行思想」には「木生火」という関係があり、これは「木は燃えて火を生む」ことを意味します。

これを鳳凰の雛(和)である慕が木の力を受けて燃え上がり鳳凰(能力者)に成長する。

と読んでみたらどうでしょう?

ここで、問題になるのは「木」は誰ぞ?です。

これはもう既に皆さんご存知の人物に候補者がいます。

そう、”Whirlwind” 瑞原はやりちゃん(小四28)です。

将来のはやりんは”Whirlwind(旋風)”の称号で呼ばれています。

つまりは「風」です。

五行思想における「風」は「木行」に属します。

「木(=はやりちゃん)×火(=慕ちゃん)」「木(=はやりちゃん)生火(=慕ちゃん)」です。

小学生でいきなりはやりんの魔性の能力の洗礼を受けて能力に目覚めるのでしょうか?
(いや、それは早すぎるよ。)

とりあえず、はやりんの奇行に注目です。


さて、最後に鳳凰の解説にはこんな一文があります。

> 鳳凰が飛ぶ時には、その徳によって雷も嵐も起こらず、河川も溢れず、草木も揺れないという。
> そして、鳳凰が空を飛べば、他の鳥もその後をついて飛び、鳳凰が死ねば多くの鳥が嘆き悲しんだという。

鳳凰に成長した慕ちゃんの能力は相手の能力を封じる(雷も嵐も起こらず)でしょうか?

透華みたいな河支配(河川も溢れず)でしょうか?

索子支配(他の鳥もその後をついて飛び=索子がついてくる)?
(あるいは始まりの牌(一萬、一筒、一索))に牌が続くとか?)

それとも「草木も揺れない」に象徴されるような能力でしょうか?
(候補としては草木牌:梅蘭菊竹ってのがありますが、公式戦じゃ使いようがないよー。w)


まぁ、何にしても、この先の連載が楽しみにです。

いろいろ書きましたが、まとまりもなくこれにて終了!
ではー!
スポンサーサイト

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。