妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

怜と竜華と蜥蜴と蛇と  

昨日の感想記事で、竜華のサーモアイについて、「有鱗目 (爬虫類)」を引っ張ってきたのだが、
この参照した感覚器官の項目には他にも興味深い記述がある。
アニメ 咲-Saiki-阿知賀編16話「軌跡」感想だね。

以下、Wiki先生の抜粋
------------------
また、トカゲ類にはその頭頂部に第3の眼と呼ばれる頭頂眼(顱頂眼, parietal eye)がある。
これはムカシトカゲが持つことで特に有名だが、より発達した頭頂眼はトカゲ類が持つ。
ムカシトカゲの頭頂眼が観察できるのは幼体の頃のみで成体では皮膚に覆われてしまうのに対し、
Sceloporus occidentalis (Western fence lizard)などでは成体でも頭頂部に明らかな頭頂眼が確認できる。
視床上部の上生体複合体に由来する頭頂眼は、元々対の器官だったものの片方が頭頂眼に、
もう片方が内分泌器官である松果体(上生体)に変化したとされ、体温調節に一役買っていると考えられている。
------------------

この記述を見て何か思い浮かべるものはないだろうか?
頭頂眼・・・そう、怜のトリプルや。

toki001_01.jpg

この時、額が光って第三の眼的な表現がなされます。
これは特に特別な表現手段ではなく、ヨーガでいうところの第六のチャクラ「アージュナー・チャクラ」が
あるため、良く用いられるものだ。

頭頂眼なんやから頭の天辺の第七のチャクラ「サハスラーラ」やないの?と思われるかもしれないが、
この「アージュナー・チャクラ」について、こんな記述を拾ってみた。

松果体 哲学との関連」より
-----------------
松果体は、ヨーガにおける6番目のチャクラ(アージュニャーまたは第3の目)、
または7番目のチャクラ(サハスラーラ)と結び付けられることもある。
松果体は眠っている器官であり、目覚めるとテレパシーが使えるようになると信じる人もいる。
-----------------

なんとなーく繋がります。

つまりは・・・怜のモデルが蜥蜴で、竜華のモデルが蛇で二人は爬虫類をモデルに持つから仲が大変よろしい。

セーラ「いやいやいや、そらあんまりやろ」

雅枝「可愛い女の子二人も捕まえて蜥蜴や蛇やて、なんやねん。」

フナQ「しかし、古くから未来を占う為に蜥蜴を用いられたり呪術的な要素はありますね。」

フナQ「まぁ、どう考えても竜華会の弥勒菩薩(未来の仏陀)の方が本命ですが。」


うん、なんとなーく思いつきで書いたけど、思ったほどいい線にはいかないね。

第三の眼についてはこんなのも面白いと思います。
太陽の位置を測る「第3の目」:トカゲで実証、人にも痕跡
太陽(照)を捕捉してクロチャー砲直撃を誘導する役割?



なんでも、咲-Saki-に結び付けようとするのは咲厨の悪い所だと思います。
関連記事

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/204-9e309ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。