妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【咲-Saki-: the Gathering】レジェンド・ルールも大分変ったんですねぇ  

本家M:tGのレジェンド・ルールを見直してみましたが、私が現役だったころと比べて

ずいぶん変わっているんですね。

・同じ名前の伝説のパーマネントは戦場に1つだけ
->自分のコントロールする同じ名前の伝説のパーマネントは戦場に1つだけ好きな方を残す。

・あと同一人物が同時に存在してはいけないんだと思てましたけど、
同一人物でもカードの名前が違っていると別物扱いなんですね。

この2点はちょっと衝撃でした。

戦場全体で1つだけってのを根幹にして作ってたものもあったし、
後者のルールだと『迷子、宮永咲』『嶺に咲く花、宮永咲』と『プラマイゼロ、宮永咲』
『嶺上使い、宮永咲』を並べて大行進させることができるということになってしまう。

いや、まあ、それはそれで楽しそうではあるんですけどね。

さて、プレイ出来るレベルまで枚数が出来た時に、その辺整理した方が良さそうなのかな。
(まだ全然遠いんですけどね。)


ということで、今日はこの辺のカードをご紹介。
レジェンド級の推察力で何のカードが出てくるか推測しつつ続きをクリックだ!



ぺんぺん。
では、最初のカードはレジェンド・ルールの前者のおかげで廃案になりそうなカードです。


『副露』にこれでタコス強化計画は成功するのか?初登場がエンチャントという・・・


字が小さくてごめんなさい。
赤のカードなのに、無色マナで唱えられるは、変身する伝説のエンチャントだはの変わり者。

要するに「ゲームに東場、南場。局数。親と子の概念を取り入れたいな。」という願望のカード化です。
麻雀を御存知の方ならイメージする通りになってるかなと思いますが、どうでしょうか?

テキストのまとめ方をアドバイスしてくれる人がいたら助かるな。(他力本願)

ベースにしたカードは『ラースの灼熱洞/Furnace of Rath』です。

これで、優希や南浦さん、タカミー辺りにバリエーションを与えたり出来ないかなとか思ったり。

でも、これ恩恵受けられるの相手からなんだよね。
その辺は頑張ってとしか言いようがない。(無責任)


お次は、この前作ったキーワード能力『副露』を咲さんに取り入れてみた。

西田さんが付けた称号やから

6マナ域で1/1の超ライト級。w
でも、『槓材』にドロー能力があるからわりとアホみたいなパフォーマンスになる可能性があるので怖い。

咲さんはこれからも増えていくことになると思います。
なんせ主人公ですから。
(やっぱ、咲さん軍団大行進が怖いなぁ。)


お次は鳴かず飛ばず(ムロ 「そんなことないって 鳴いてたし飛んでたし」)なマホちゃん。

前よりは使いやすくなってるといいな。

色拘束強ッ!!w
果たして『副露』で補えるのか?(マルチカラー多いから大丈夫かなぁ。)

一応、毎ターン戦場内の人物の能力をコピーして、コピーする相手が尽きたら飛ばされるという運命。
飛行が付いてるから厄介。

『相の戦士』関連カードのテキストを参考にしたので大丈夫だと思ってるんだけど、意図通りに書けてるだろうか。


そして最後にまほっちをもう一枚。

ムロ0枚マホ4枚。この圧倒的ロリ力の差。

『ネット麻雀最強アバター、のどっち』の劣化コピー。
レート1200は伊達じゃない。
・・・でも、これがまほっちシリーズでは一番使えるんじゃないかという疑惑が・・・

画像を張り替えたいので、アニメ化で登場よろしくお願いしますです。

というわけで、本日はここまで。




『嶺に咲く花、宮永咲』の名前を修正。
『峰』になってた。恥ずかしい。w

『虚栄』を修正。
これは巨乳じゃない人達向けのエンチャントなのだよ。
あと強すぎに思えたのでコストを修正。

『模倣する者、夢乃マホ』
能力のテキストを少しだけ修正。
関連記事

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tag: STG 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/217-6883aa3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。