妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドラローさんのことさ  

ドラゴンロード松実玄がドラを捨てて、ドラが全然寄ってこないモードに突入しております。

本編の連載が順調にいけば現実の時間であと、2,3年レジェンドと打ち合ってるんでしょうが、

これについて少し書いてみる。

1.局数について
レジェンドの話では復活までの局数はほとんど同じであるそうだ。

半荘の回数ではなく、局数。

局数を稼ぐことを考えれば、参加者全員がゼンツで乱打戦するのが一番いいような気がしますが、

レジェンドはクロチャーの基礎雀力アップも視野に入れています。

普通に勝つために降りたりなんたりと時間のかかる打ち方になります。

そう考えると局数自体は比較的ゆっくりなペースで進めても1日半くらいあればこなせる回数なのでしょうか。


また、三麻、二人打ちでもカウントされることを明言しています。

通常の四人で打つよりも三麻の方が回転が速いと言われます。(二人打ちはもっと早いですか?)

最初、二人打ちしていたレジェンドとクロチャーですが、

シズのウォーミングアップのためにメンツに加えようとします。

それにアコチャーが加わって四人打ちです。

クロチャーの基礎雀力アップとシズのウォーミングアップを考えれば四人打ち形式の方が妥当です。

それなのにアコチャーが入ると言い出すまで、四人打ちでいこうとしていません。
(シズが大将戦に行った後は二人打ちに戻っています。)

この辺を考えると実は時間的余裕はそんなにない?とも思えてきます。


それとも他のメンツが混じる四人打ちよりもレジェンドとの二人打ちの方が打ち手のレベルが高いから

クロチャーの基礎雀力アップには繋がる?
(それくらいレジェンドとみんなの間に雀力の差があるのですか?)

この辺はなんだか謎です。


2.何故局数なのだろう?
クロチャーはドラを捨てることによってドラが来ない状態に陥っています。

これを解決する手段が麻雀を規定局数打つことです。

私はここに少し違和感を感じました。

ドラを捨てるという行為がトリガーとなってドラが来なくなっているのに

それを解消する手段が言ってしまえば「時間が解決する」です。

現象を見た印象としてはクロチャーがドラを捨てたことでドラの信用を失って、

見限られて寄りつかなくなったようにも見えますが、

こういう場合はドラの信用を回復することが重要なので、

例えばレジェンドが捨てた赤五筒を鳴いて拾うとかの行為を繰り返すのが

一番いいんじゃないかと思えます。
(まぁ、何十局も打ってればドラを拾う局面は多々あるでしょう。)

このやり方の場合、赤ドラや数牌はチーで拾えるから問題ないのですが、

字牌はチーできません。字牌がドラならクロチャーの手に一枚も入らないわけですから

ポンも勿論できません。

34種類のドラ牌を全て拾うには国士無双でドラ字牌7種類を拾うしかありません。

もしドラロー復活の条件が「34種類のドラ牌+3種類の赤ドラを拾う」までだったとしたら

・・・これじゃ、一年かかっても復活しそうにないなぁ。(駄目じゃん!)


3.やっぱりドラローさんはドラに愛されし子?

ドラロー復活の条件ですが、分かりやすい条件に設定されています。

小さい頃にそういう設定を施したのかなという印象です。

この辺のことを考えるとこんなことを想像する。


ドラはクロチャーが大好きで、常に集まりたいと考えている。

いくら捨てられてもドラ自体はクロチャーの下に集まりたい。

しかし、クロチャーはドラを捨てることに負い目に感じていて、

ドラを捨てた時に、『こんな自分に集まってきてはいけない』と

命じている(無自覚にそういうオーラを放射してる。)のかもしれない。

ドラはクロチャーの下に集まりたいが、本人がそう命じるのであれば

仕方がないと我慢している。

沢山麻雀を打ってドラを捨てたことも忘れた頃、クロチャーも

『ドラが来てはいけない』というのも忘れてしまい、

ドラ達は『ヒャッホー!』とばかりにクロチャーに集まってくる。

最初、自分の内面の話なので、成長の方向性はいろいろあったはずだが、

母親のアドバイスにより、より強固だが、柔軟性に欠ける現在の方向性に

シフトしたのかもしれない。(それが悪いってことではないよ。)


とかなー!
本日はここまでだ。ではー!



クロチャーに群がるドラと聞くと少しエロいことを想像しちゃうなぁ。
暑いからだろうか。
関連記事

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 3

コメント

妹には竜が姉には虎(猫)が群がる

774 #- | URL
2013/08/14 23:57 | edit

次鋒戦はマリオとルイージになります。

#- | URL
2013/08/15 01:54 | edit

Re: タイトルなし

コメントどうもです。

> 妹には竜が姉には虎(猫)が群がる

俺は虎になってもいいなぁ。

> 次鋒戦はマリオとルイージになります。

世界の夢が砕ける音が聞こえてくる。

福岡県民人 #- | URL
2013/08/18 04:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/267-837d8f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。