妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今更なこと  

ほんと今更なこと。

仕事中に「なんで大明槓の後に暗槓していて責任払いとか言ってんの?」とかいう考えが頭をよぎったのでした。
勿論、状況は長野県予選決勝の大将戦オーラス。
咲さんが衣の捨てた大人気牌イーピンを大明槓してから怒涛の三連続槓して数え役満をあがったところです。

当時、私は漫画読んで大明槓の解説を読んでなるほどと思いながら次の瞬間
「ほげーーーー!」
と思わされたわけで、そのインパクトの強さから他のことにはまったく気が回らない状態でした。

ネットもやってなかったので、「大明槓後の暗槓で嶺上開花なのに責任払い」の不自然さに気が付いていませんでした。

とりあえず、責任払いのルール。
役満(大三元、大四喜、四槓子)の最後のパーツ(ポンorカンさせて)確定させてしまったことに対して
「ツモアガリなら、確定させた者が全部払う」というペナルティを課すものが有名でこれは当時の私も知ってました。
しかし、当時は「大明槓嶺上開花責任払い」なんて存在は知りませんでした。
何故なら麻雀牌に付属していた役一覧と点数表のみが唯一のルールだったからです。
というわけで、「大明槓嶺上開花責任払い」の説明について「ほー」と思っていたのでした。
しかしこのルールも藤田プロが苦手というように、なかなかヤクザなルールです。
別に嶺上開花を確定させたわけでもないのに責任をとれなんて・・・。

A「・・・」イーピン切
B「カン!嶺上開花、トイトイ、ドラ3。3000、6000」
C「(えー、なんか珍しい役出ちゃったよ。ていうか俺親じゃん)」
D「(ふへーツモとか勘弁してー)」
C「あのさー、これってカンさせたAが悪いんじゃね?」
D「あーそーだねー。嶺上開花なんてレア役出させるとか責任払いものじゃねー?」
A「そんなわけねーじゃん。別に役確定させたわけでもないのに」
B「(Aの責任払いならまくってトップ取れるなぁ。)まぁ、あのカンが無ければ発生しない役だしなぁ。ここは多数決でいくか?」
A「ほげー!」

きっと昔々、こんな感じのやり取りがあったんでしょうね。

そしてもっと酷いのは「大明槓後の暗槓で嶺上開花責任払い」。
大明槓の責任なんて暗槓した時点で消えると考えるのが普通じゃん。
あるアパートに雷が落ちて全焼。
その一週間前に小火騒ぎを起こして大いに反省してる住人に、全焼の責任を負わせるような感じであろうか?

C「・・・」イーピン切
A「カン!もう一個カン!嶺上開花、トイトイ、三暗刻、役、ドラ2。4000、8000。」
D「(ふへー、またツモとか勘弁してー)」
B「(なんかどっかで見たようなシチュ・・・それにしてもレアケース。ていうか俺親じゃん)」
B「ん?大明槓の責任払いだからCの一人払いだよ。この前決めたじゃん。」
C「え!俺の大明槓、嶺上開花に関係なくね?」
D「(払いたくないしなー)そんなことないよ。お前の大明槓なくしてこの嶺上開花はなしえなかった。お前は誇っていい。」
A「(Cの責任払いならまくってトップ取れるなぁ。)そうだな。最終的に、お前のパスが無ければ俺の暗槓だけでこの牌を引くことは出来なかった。つまりはナイスアシスト!」
C「ほげー!」

まぁ、昔こんなやりとりがあったのかもしれません。
とまぁ、仕事に真面目な私はネットで調べるようなことはせず、こんなことを考えていたのです。
そして帰って調べたら Wiki さんで簡単にわかっちゃいました。w

何が言いたいかと言うと、咲-Saki-屈指の名シーンであるあの大明連槓役満責任払いでのまくりは
A、B、C、Dさん達のようなステキ(?)な人達に支えられて生み出されたんだなということ。



「大明槓責任払い」のルールは説明入れてたけど、間に暗槓入れる更に特殊なルールについては説明されてなかったね。
普通に読む分には「大明槓責任払い」ルールだけで十分ということか。



このルール、今年からなのか知らないけど、咲さんしか活用してないよな。
このルールぶち込んだ黒幕は咲さんのお母さんか?実は生きていた車椅子少女か?
それともこのルールを活用出来る能力者を探し出して、世界の危機を救ってもらおうとしている米国大統領の陰謀か?(コロコロみたいなノリだな。)
関連記事

category: 咲-Saki-

tb: 0   cm: 3

コメント

大明槓後の暗槓嶺上開花ツモは現実ではレアすぎて、和了ってからルールで決めてなかったと論争になることがあるらしいですね。
咲世界の今年ルールは非常に都合よく細かく決めてありますよね

あああ #- | URL
2013/01/25 01:57 | edit

B「通らばリーチ!」イーピン切
C「カン!もう一個カン!嶺上開花、チンイツ、トイトイ、三暗刻、ドラ3。32000」
D「(うえー、数えいきやがったー)」
A「ん、B、なんでリーチ棒ひっこめてるの?」
B「え? 通らばリーチじゃん。通らなかったからリー棒関係ないだろ」
D「(Bがリー棒払ったら俺ラス回避!)いやいや、捨て牌自体はロンじゃなくて通ってるし」
A「通ったからにはリー棒提出しなきゃねぇ」
B「ほげー!」

もちろんこんなルールも咲さんしか活用していません(Bブロック2回戦大将戦前半東4局)。

zohnam@咲グラフ #- | URL
2013/01/25 13:45 | edit

Re: タイトルなし

いまさらなネタにどうもです。

> 大明槓後の暗槓嶺上開花ツモは現実ではレアすぎて、和了ってからルールで決めてなかったと論争になることがあるらしいですね。
論争になれる幸運があっただけ少しうらやましい。
ネトマじゃちゃんと整備されてるからそうことはないしな。

> 咲世界の今年ルールは非常に都合よく細かく決めてありますよね
やはり陰謀の影が・・・
これから咲-Saki-は巨大な悪と戦う能力バトルものに突入するに違いない!
(やってることはあんま変わらんかもしれん。)

> もちろんこんなルールも咲さんしか活用していません(Bブロック2回戦大将戦前半東4局)。
月刊「嶺上開花」なんて雑誌があったら特集組まれるレベルだじぇ。w
きっと麻雀打ってても知らない人が多いだろうから良い特集になるでしょう。
(こんな話題性スポーツ新聞は何故一面を使わないのか!)

福岡県民人 #- | URL
2013/01/26 01:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/33-66b38c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。