妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

破壊を科学する咲学  


咲-Saki-という作品世界においては現実世界ではないような摩訶不思議な現象がよく見られます。

例えば、

麻雀中に花が咲いたり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

コスプレして謎空間で戦いだしたり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

腕に竜巻をまとわせて中二病的カッコいいポーズでためを作ってツモしたり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

麻雀中に弓で対戦相手を狙いだしたり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

ジャージを交換したら下がモロ見えのはずなのに何故か見えなかったり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

対戦中に眠りだしたり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

対戦中に釣りしだす上に、対局相手がルアーをキャッチしたり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

197cmの女子高生が作中屈指の可愛さだったり、

女子高生がパンツ穿いてなかったり、

・・・挙げてみればブログの容量がパンクしちゃうので、ここでやめておきますが、

これらの摩訶不思議な現象も作者に「イメージです。」と言われてしまえばそこまでです。

イメージなら何が起ころうとしょうがないよね。

しかし、「イメージです。」では逃げられない現象もあります。

その中の「能力による破壊活動」について今回は焦点を絞って考えたいと思います。


咲-Saki-の作品中で能力による破壊活動を行ったとされる人物は二人います。

県予選大将戦で停電を引き起こした天江衣。

全国大会二回戦大将戦で宮守女子のモノクルを破壊した宮永咲さん。

二人とも「女子高生」、「可愛い」、「パンツ穿いてない」、「能力者(支配)」「ペッタン」と共通点は多く

共通した何かがあるのではないかと考えるのが普通です。

ですが、停電を引き起こし電球を破裂させた現象とモノクルが破壊された現象を比較すると

結構違います。

ですが何か繋がる部分があるはずです。

それぞれの現象を追ってみましょう。



1. 天江衣の電球破壊および停電

まずは、天江衣からです。

ころたんイェーという電磁波が乱れ飛ぶ

こちらに関しては表現が分かりやすく、天江衣から放射された電磁パルス

試合会場のケーブル類に高エネルギーのサージ電流を発生させ施設の電源系統にダメージを与えて停電を引き起こした。

また、電球の安全基準をはるかに超えた過電流により、電球が破裂したと考えられます。

電球が破裂するような現象の中には瞬間的な電圧変化によるものもあるようです。


1.1 作品間の繋がりがみられるのか?(脇道)

さて、ここで疑問も浮かびます。

同試合会場内ので使用していた智紀の持っていたノートPCは特に影響なく白画面で照明代わりを務めます。

智紀のノートPC白画面・・・いや、そりゃメガネや!


まこのケータイもそうですね。

会場施設に影響があったのにこれらに影響がないとは考えにくいものです。

これが、智紀ノノートPCだけであれば衣と長く生活している彼女達の持ち物には、電磁防護処理が施された特別仕様の

ものを使っていると解釈すればいいでしょうが、まこのケータイは普通の既製品であるはずです。

このことから、この作品世界においては電化製品(特にPC等の重要情報を抱えているもの)への

電磁防御処理がある程度普及していると考えていいのかもしれません。

では、何故会場施設は影響を受けたのか?

これは予算都合ではないでしょうか。

公共施設への電磁防護処理対策の重要性が課題にあがったとしても、全部の施設に対策を施すことはできません。

銀行、病院、交通、水道、電気、ガス等の優先施設が優先され、

試合会場のような優先度の低い施設については問題発生時に対応

する方針とされたのだと考えられます。

さて、こんな対応を取るからにはこの作品の時代の前に何らかの事件、事故があったからではないでしょうか。

製造コスト(製品価格)が上がるであろう電磁防護処理を普及させ、公共施設に予算を捻出させるような事件、事故です。

余程大きなものだったのではないでしょうか。

例えば、過去に太陽嵐による被害などがあったというのも可能性として考えられます。

しかし、現在、咲-Saki-の前の時代に焦点を合わせた「シノハユ」という作品が連載されています。

この作品内で上記の社会的に巨大な影響を及ぼす事件・事故があったのではないか?

そうは考えられないでしょうか?

「シノハユ」がどれくら連載されるかわかりませんが、「シノハユ」のラストと咲-Saki-全国編のラストで起こると

予想出来る事件・事故がリンクして読めるかもしれません。かもしれません。かもしれません。



2.宮永咲のモノクル破壊

天江衣の破壊現象が電磁パルスとした時、

宮永咲がモノクルを破壊するのに使った方法も電磁パルスなのでしょうか?

さしものトシさんのモノクルと言えど咲さんの可愛さには耐えられなかった模様(可愛さスカウター)

モノクルは電球ではありません。

サージ電流等は無関係に思われます。(粒子は電気的な何かですか?)

ではちょっと別の方向からアプローチしてみましょう。


離れた距離の物体に物理的な接触なしに破壊する行為と言われて何を思い浮かべるでしょう?

私などはまず「共振」現象を思い浮かべます。

昔、漫画か何かでで固有振動数に合わせた音波を対象にぶつけて破壊するような何かがあったような記憶があります。

ちゃんと調べてみると、物質にはそれぞれに固有振動数というものがあり、同じ振動を与え続けることにより

振動がどんどん大きくなり、最後は破壊に至るという現象になります。

モノクルのレンズの材質の固有振動数に合わせた電磁パルスを咲さんが放出し、破壊にいたったという形になります。

電子レンジでものを温めるエネルギーを破壊に向けたものとお考えください。

対象は水分ではなく、モノクルレンズですね。


2.1 モノクルは何で出来ている?

この方法ではいくつか問題が考えられます。

まず一番の問題はそんな電磁パルスを放射して大丈夫なのか?ってところです。

メガネのレンズの材質を考える場合、一般的にプラスチックが大部分でガラスレンズが少数というように言われています。

さて、この2つの材質を対象として破壊活動を行った場合どうなるでしょう?

プラスチックの利用範囲なんて広大すぎて影響範囲が逆に見えなくなってしまうくらいです。

被害の規模が大きすぎます。

また、ガラスが材質である場合はどうでしょうか?

会場の窓ガラスが突然、全破壊?

怖いです。昔あった不良が校舎の窓ガラスを壊して回るという現象の復活です。www

怪我人とか出て大惨事になるんじゃないでしょうか。

であれば、別の材質がないか考えなければなりません。

光の透過性がある物質というと・・・水晶とかどうでしょう?

ということでネットで調べてみると実はありました。

Crystal21」って製品があるようです。

10万円?私が買った時は30円だったよ。(但し、年代不明)


公式サイトを調べてもわかりませんが、他のネットを調べているとレンズ2枚1組10万とかいう思わず吹き出しちゃうような

値段のレンズです。(結構古い情報なので、今はもっと安いかもしれません。)

結構モノとしては良さそうな代物ですが、値段がね・・・。

ですが、水晶であれば、どこにでもあるとは言えなそうな感じです。

ついでに調べてみると「アッシリアの水晶レンズ」というものが引っかかります。

これは紀元前7世紀の古代アッシリアの墓から発見された水晶製のレンズで、オーパーツの一つに数えられる代物です。
(元々はレンズとして作られたのではなく、レンズとしての効果を偶然持った象嵌材であったと考えられている。)

年齢不詳のトシさんと言えど、その持ち物がこれよりも古いとは言えないでしょうし、製造年代はわかりませんが、

一点物の製造としては問題ないのではないでしょうか。(水晶玉の研磨技術レベルがあれば可能?)

では、塞さんのモノクルは水晶レンズであると仮定して、咲さんは水晶の固有振動数に合わせた電磁パルスを放出して

破壊に導いたと結論づけて良いのでしょうか?

被害を及ぼす範囲はどんなもんでしょうか?わかりません。

これも答えの可能性としては有力かなと思われますが、もうちょっと別のアプローチを考えてみましょう。


2.2 水晶の性質から導かれる破壊原理

ここで、Wikiで水晶の性質を調べてみます。

そうすると一つ面白い性質が出てきます。

圧電体」という性質です。

これは水晶などの圧電体に圧力を咥えると電気が発生するという性質です。

この性質には真逆の逆圧電効果と言われるものがあります。

圧電体に電界を印咥えすると圧電体自身が変形する現象です。

この性質については色々と調べてみましたが、圧電体を破壊に至らしめる

レベルの電気負荷がどれくらいのものになるのか?

そもそも電気負荷で変形するとはあるが自身の破壊にいたるまでの変形が可能なのか?

ということはわかりませんでした。

ですので、ここでは非常に強力な電気負荷をかけることで破壊に至ると仮定して話を進めます。

まず、咲さんから電磁パルスが放出されます。

800咲さん(単位)の電磁波が放出されています。

モノクルのフレームに強力なサージ電流が発生し、レンズに電気負荷をかけ、圧電効果により

レンズが破壊に至った。

と考えることが出来ます。

この破壊原理には

・他の水晶体には電子回路に組み込まれていない限り影響を及ぼさない。

・電子回路に組み込まれた水晶体については電磁防護処理によって守られている機器は破壊に至らない。

という二点のメリットがあります。

その代り、

・モノクルのフレームにサージ電流を発生させて電気負荷をかけるには特殊な構造になっている必要がある。

というデメリットがあります。

このデメリットについてはトシさんの持ち物であったことを考慮するとかなりの年代物であり、

レンズを取り出すためのフレームの開閉に特殊な仕掛けが施されている(一見一体成型に見えるところも含めて)

とか想像を膨らますことはできますが、まぁ、無理矢理であることは認めます。



3.まとめ

今回の考察により推察されることをまとめます。

宮永咲と天江衣。

二人の能力者(支配)が引き起こした破壊現象は

1.電磁パルスにより引き起こされている現象である(可能性がある)。

2.咲さんの破壊原理については共振と圧電効果の二種類が考えられる。
 共振の場合、漫画アニメ等の表現に即している。(電気的なエフェクトがない。)
 圧電効果の場合、被害範囲の局所化に即している。


3.塞さんのモノクルのレンズは水晶製である(可能性がある)。

4.咲さん、可愛い。

5.姉帯さん、ちょー可愛い。
全ての考察は姉帯さんの可愛さに帰結する。


以上です。



4.モノクルのセンサー原理(おまけ)

おまけです。

今回、モノクルの材質が水晶ではないかという結論に至りましたが、本来のモノクルの使用目的

「心霊センサー?」にどう関係するか考えてみましょう。

ここでもう一度、水晶の性質に立ち返ります。

水晶には外気の温度の影響を受けにくいことから防曇効果を備えていると言われています。

曇りにくいものが曇ったということはそれだけ大きな変動があったということを検知することができます。

曇る現象(結露)は冷えたものに高温多湿な空気が接触することで発生します。

この場合モノクルが塞さんの呼気と接触して結露したと考えるべきでしょう。

そこまでモノクルの温度が低下したということです。

良く言われる心霊現象の一つに、心霊現象発生時に気温が低下するというものがあります。
(真偽のほどはわかりません。現象の名前を探してみましたが見つかりませんでした。)

また、水晶などの霊石の類はお守りとして持ち主を護る効果を期待されるように霊的現象を

引き受ける性質を推測することができます。

このことからはっちゃんが引き起こした心霊現象により発生する温度低下がモノクルに強く影響し、

赤色だけど温度は低下してる?


モノクルの温度が低下することによって、塞さんの呼気に反応して結露が発生したと捉えることができます。

この辺はオカルトな話なのでモノクル水晶説のおまけ補説みたいな感じです。w


5.宮沢賢治の水晶レンズ(おまけ)

もう一つおまけ。

モノクル水晶説を補強する情報が何かないかなぁと思って水晶鉱山を調べてみました。

ここで熊倉水晶鉱山とか臼沢水晶鉱山とかあったら一発なんやけどなーwとか思いながら検索してみると

・・・見つかりませんでした。www

その代り、南昌山(岩手県矢巾町)で宮沢賢治が水晶採集をしていたということを見つけました。

咲-Saki-では宮沢賢治作品をいろいろとモチーフにしてるのではないかと推察されているブログもあります。

ということで、この辺も宮沢賢治モチーフの一つとして捉えてはいけませんかね?(無理矢理www)

まぁ、宮守女子のみんなの可愛さの前ではどうでもいいことですけどね。w


・東北舞台探訪記 その2 宮守編
・秋の夜長に宮永咲が読んでそうな本


本日はここまで。
ではー!
関連記事

category: 咲-Saki-

thread: 咲-Saki- - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

遺伝子工学が産んだ強化人間、それが新世代。

  #- | URL
2014/04/04 11:51 | edit

Re: タイトルなし

> 遺伝子工学が産んだ強化人間、それが新世代。

博士っぽい雀博士が適任かなぁ。

福岡県民人 #- | URL
2014/04/06 01:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/364-a606fa5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。