妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第2回:咲-Saki-まとめアンテナ杯に参加したのさ  

http://tenhou.net/0/?log=2014061421gm-0009-15122-25ef7f86&tw=1
土曜日に、第2回:咲-Saki-まとめアンテナ杯が行われたので参加してきた。

第一回は一回戦目で飛び終了と他のメンツに迷惑かけたので、今回は飛ばないようにという目標を持って挑むことにする。

低すぎる目標に見えるかもしれないが、最近天鳳の段位戦で連敗続きで二段まで落ちてるので、大きなことは言えないのだよ。

一回戦

しょっぱい、東白からスタート。

ホンイツとか毛頭考えてない。

・・・まず、アガリが欲しかったのよ。

その後親満をあがるものの、下家SANNPANNが手を付けられない状態。

東三局に1本場にリンシャンチャンスがあったものの、ビビってスルー。

笑ってくれウーウェイである。(意味不明)

オーラス。なんとか二位をキープするもラスのワハすばさんの起死回生を狙った立直が入ります。

まぁ、勿論のことながら私は全力で逃げますよ~。w

結局simoponさんの振り込みで回避できましたが、直撃かツモで逆転されてるんですね~。

怖いですねー。

なんともギリギリな滑り出しですが、これで目標は達成です。万歳!


準決勝

撥ドラ赤からスタート。

アガリ優先のはずなのにドラを捨てたくなくて聴牌拒否。その後、聴牌に持って行けたから良かったもののってやつだ。

幸先よくスタートと言いたいところだが、九萬単騎に振り込んでしまい、親満の大ピンチである。

六萬の方が正解とか聞いてねーっす。

ただ最初にあがった分があるのでまだまだいける点数です。

ジリジリ追っかけていくよー!

東二局はいきなりカン材が揃ってリンシャンチャンスでしたが、うまいところ聴牌に持って行けず不発弾。

くすぶっています。

東三局はよく見てなかったので、アホな立直を張る。ツモったから良かったものの、危ない危ない。

その後、盛り返したものの三位。二位との点差は3300なので上がりさえすればと言ったところ。

しかし、萬子で踊ってる間に二位が逃げ切りの手を聴牌。

一位に直撃で逆転し、ついでに俺も二位に引き上げてくれる。

Good Jobですよ~、ミスターさん!

惜しくも敗退となったSANNPANNさんとの点差は400点。ギリギリのタナボタである。

なんにしてもヤター!

決勝戦

手早くいくよーと言いたいところですが、

う~ん、ツモが絶妙に良すぎる。w

おとなしく七対子とか考えないで立直オラオラしてればいいのに、ドラまで欲張って親満振り込みです。

痛すぎるスタートです。

・・・飛ばないように気を付けような。

その後も果敢に攻めつつ(?)原点近くに戻して、逆転も見えようかという南二局。

親を重ねるよ~と意気込んだのはいいが、ここからパイしもさんのフルブーストアタックが炸裂。

こちらがゲージを使って回復に努めている間に、ゲージを貯めていたらしい。実に強い。

もう誰にも止められない高速高打点で制圧されてしまいました。

・・・ホント強い。

・・・で、運が良いことに最後のパイしもさんラッシュを躱していたおかげで二位でした。

「原点割ってる時点で、二位とか言われてもな」とかいう意見もあるでしょうが

・・・いいんです。

「ウマが付いてもマイナスだしな」という意見もあるでしょうが

・・・いいんです。

前回の初戦飛び終了に比べればなんでもいいんです。
(目標設定が低くて良かったね。)

というわけで、楽しい大会も終了です。

管理人さん、大会運営お疲れ様でした。

次回も是非参加させてもらいたいと思います。(咲-Saki-記事書けよ~。)

こんなところで、本日は終了。ではー!



こんな立派なバナーを頂きました。
sakimatomecup_2014_02finalist.jpg

何処かいいところに貼らないとね。
関連記事

category: 天鳳

thread: 麻雀 - janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/383-e8416f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。