妄言郷

アニメやゲームのことを書いたり、書かなかったり

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

艦これをちょこちょことやってます。67「これは本当に二正面作戦なのか?」  

ツイッターで夏イベントの情報が出てきた。

仕様としては、前半海域がAL作戦、後半海域がMI作戦でAL作戦に参加した艦はMI作戦に参加不可。

装備類についてはAL作戦とMI作戦に共用可。

二正面作戦の同時進行方式ではなく、フラグ管理方式を採用されたようだ。

200万人×100~200枠の艦の出撃管理。www


気になる点としては

1.MI作戦に参加した艦はAL作戦に参加可?
MI作戦完了後のレア掘りでAL作戦に下りていくことが出来るかどうかである。

ツイッターの文面はAL作戦に参加した艦が、MI作戦に参加できないとのことなので、現時点では可能であると判断できる。

但し、MI作戦->AL作戦->MI作戦と戻ってくることはできないだろう。
(と思ったら「別の作戦」に転用できないと出てきた。w)

レア掘りをやる場合には要注意だね。

2.支援艦隊もフラグ管理されるのか?
支援艦隊もフラグ管理されてAL作戦に参加したら、MI作戦の方には出せないとしたら大変だ。

今までの支援はイベント海域を指して支援艦隊を出撃させるが、フラグ管理を明確化させるために、

AL作戦用、MI作戦用の支援艦隊遠征で分けられるのかもしれない。

まぁ、支援艦隊が必要としたら、MI作戦の方だろうし、あんまり気にする必要ないか?

システムの穴で、AL作戦に参加した艦を作戦のMI支援艦隊として出すことは可能という可能性はあるかな?


3.通常海域への影響は?
システムとしてイベント専用になるとは思えないので、通常海域にこれを適用したマップが追加されると思う。

あるとしたら第六海域?

延々とフラグ管理されたらたまりません。

ということで、追加されるとしたら、EOマップで実装される可能性があると思う。

EOマップなら月始めに初期化されるので、作戦参加フラグも一緒に初期化してしまえば、

翌月以降の編成の自由度を阻害することはない。

追加されるとしたら3-5と4-5の同時実装か?

夏イベント終了後、秋イベントまでの繋ぎで実装さてる可能性がありそうかな。


う~ん、それにしても同時進行方式と比べると、フラグ管理方式は二正面作戦感が乏しいですね。

AL作戦での陽動成功が、MI作戦に影響する等のギミックもなさそうだし、ちょっとがっかりかもしれない。

まぁ、これからも詳細な情報は出てくるわけだし、そこに期待しよう。


話変わって、来年1月から始まるアニメのPVが公開されたので、見てきた。

驚きのクオリティのバトルパートで満足である。

勿論、シリアスシナリオなんだよな?

これで、中身がきゃっきゃうふふの美少女牧場の日常アニメとかだったらぶち切れ金剛さんである。

アニメでは赤城さんの打つ矢は複数の艦載機に変身して飛んで行っている。

そうすると・・・矢一本が1スロットに相当すると考えていいのだろうか?

4本以上は同時に打っても無駄になって、艦載機が飛行甲板に着艦して帰ってきたら、チャージ完了で

次の矢が返ってきた艦載機分として発艦可能といったところだろうか?

まぁ、よくわかんねぇ。w


本日の「南方海域珊瑚諸島沖の制空権を握れ」任務中に大鯨ゲット。

わりとぶち切れたい戦闘内容だったが、これ一発でにっこりである。

それにしても大鯨ドロップは苦労したな。

実装から約二か月もかかっている。

まぁ、無理に掘らなずに、任務消化等で月12,3回S勝利取るからそれでいいよねと思ってたわけだけど。

早速ペロペロしたいところだが、魚雷獲得のために遠征出しといた方がいいんだろうな?

伊168が弱いから雷撃値強化してやりたいんだよな。

燃料弾薬の20万備蓄はちょっと無理そうだな。

ということで、本日はここまで。ではー!



赤城さんは水上スケートっていうよりエンジン付のサーフボードに乗ってる感じかな。
関連記事

category: 艦これ

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trueneutral.blog.fc2.com/tb.php/394-05c563a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。